夏バテ

■夏バテって何?■
日本の夏はジメジメの湿気でいっぱいです。体が体温を下げたくて汗を出そうとするのに湿気が邪魔して汗が蒸発してくれない・・その結果体温が下がらず体に熱がこもって疲れてしまいます。それに加えて冷房による体調不良。自律神経が乱れるのです。コンディションが悪くなった所に夜の寝苦しさで充分な休息が摂れず、体がヘトヘトになって食欲不振に。食欲不振になれば栄養状態も悪くなりさらに体調が悪化して・・この悪循環が夏の終わり頃ピークを迎えます。ここでどーんと調子を悪くしきらないように日頃からスタミナと抵抗力を付けておきましょう!
■どんな症状?■
手足の冷え・痛み だるい 頭痛・肩凝り めまい
食欲不振 胃腸病 夏風邪 生理不順
■夏バテの原因と対策■
【冷房は控えめに】
暑い時には体は汗を出して体温調整をしようとしますが、冷房のかかっている部屋への出入りで、その調整がだんだんコントロール出来なくなってきます。その結果、自律神経が作動しなくなり、血管が収縮したまま、あるいは拡張したままになり、血行や体温調整がスムースにいかなくなってしまいます。

冷房の温度設定は外気との差を5〜7度までに保ちましょう。また夜冷房を付けたまま寝ると、冷え過ぎでますます体調を崩しますので、タイマーを使ったりしてうまく温度調整するようにしましょうね。血行が悪くなった時は、軽く動いたり、ぬる目のお風呂に入ってマッサージしたりしましょう。
【水分をしっかりとりバランスのとれた食事を】
喉が渇いて糖分がたくさん入った清涼飲料水を飲み過ぎると、糖分の代謝のためにビタミンB1が失われます。その結果、脳や神経がうまく働かなくなり疲れやすいなどの夏バテの症状が出てきます。水分補給はこまめにしないといけませんが、糖分の入ったものはなるたけ避けましょう。
また汗をかくことによってもビタミンBやC、カルシウムやマグネシウム・鉄・亜鉛などのミネラルが流れ出てしまいます。ミネラルが不足すると、疲れ、だるさなどの症状が出ますので食事はきちんと摂らなければいけません。
【睡眠不足にならない】
疲れている体を休めるにはやはりたっぷりと睡眠をとることが一番です。
寝苦しい時にはエアコンをうまく使いましょう。冷えは逆に体調を悪くさせるので注意をします。また頭や首筋を冷やすと脳がリラックスするので、アイスノンを当てるのもいいかもしれません。寝ている間はかなりの量の汗をかいているので、発汗性のいいパジャマや寝具を使いましょう。
■夏バテを改善する食品■
食欲がないからと言って、冷たいものやあっさりとしたものばかり食べていると体力が消耗する一方です。油で料理したものや少量でも栄養価の高いものを食べましょう。特に抵抗力が付くたんぱく質はしっかり摂ります。肉や卵、魚介類、大豆製品は欠かさず食べましょう。また食欲を刺激する香辛料や香りの強いもの、食をすすめる酢を使うなどして、料理にも工夫を凝らしましょう。
 【ビタミンB群】
ビタミンB群が不足するとエネルギーがスムースに作れなくなります。また脳や神経の働きも悪くなり、疲れを感じるようになります。

豚肉

たらこ
うなぎ
レバー

マグロ

豆腐

海苔
ごま
 【硫化アリル】
ネギ族に含まれる硫化アリルはビタミンB1の効果を持続させ、スタミナの強化に役立ちます。

ニンニク

ネギ

タマネギ

ニラ
 【ビタミンC】
ビタミンCは体の抵抗力を付けますので、夏風邪や思わぬ病気を寄せ付けないためにも必要不可欠な栄養成分です。しかしビタミンCは暑さでのストレスや疲れ・紫外線などで失われやすく、また汗と一緒に流れ出てしまう水溶性の物質です。常に不足しないようにたっぷりと摂るように心がけてください。

ブロッコリー

カリフラワー

パセリ

ピーマン

トマト

ジャガイモ

サツマイモ

イチゴ

キュウイ

菜の花
 【クエン酸】
クエン酸はエネルギーの代謝を高め、体内にたまった疲労物質を取り除いてくれます。
 酢
レモン

梅干し
 【その他】
ロイヤルゼリーは自律神経やホルモンバランスを整え、疲労感を軽減する効力があると言われています。
■夏バテ改善メニュー■
 豚のピカタ   豚ヒレと野菜のカレー炒め  酢豚
 マグロのステーキ三崎風  キュウリのコンソメスープ
 豆腐ときくらげの炒め物
■秋口の用心■
夏バテは秋口にどーんと出る場合があるので、涼しくなったからといって油断は禁物です。体調には充分注意しましょう。また夏バテに便乗してダイエットに成功!と喜んでばかりはいられません。夏バテで基礎代謝(エネルギーを燃やす力)がガクンと落ち、知らない間に太りやすい体質となり、食欲が戻ったとたん以前よりも体重が増えてしまったなどということにもなりかねません。夏こそ適切な食事を充分にとりましょう。