ドイツでは「母なる薬草」と呼ばれて親しまれ、またフランスでも煎じ薬の筆頭に数えられるほど愛用されているハーブです。マーガレットのような可愛らしい花を咲かせます。ジャーマンカモミールとローマンカモミールの2種が主にハーブとして利用されています。和名カミレツ。


用途◆
主にハープティとして利用されます。リンゴのような甘い香りです。ジャーマンカモミールもローマンカモミールも花の部分を使います。ローマンカモミールは茎や葉にも香りがあるのでこちらも利用できますし、地に這うように生えるので香りの芝生としても楽しまれています。
◆効能◆
リラクゼーションの効果は絶大。不眠症、イライラ、初期の風邪、生理痛、胃炎、吐き気、にきび、湿疹、かゆみの改善などに有効です。
外用・・製油や煎じ液は化膿止めやかゆみ止め、フットバスなどに用います。ただし目には危険なので使用してはいけません。妊婦さんやアレルギー体質で皮膚炎になりやすい方も製油の利用はしないほうがいいでしょう。