南ヨーロッパ原産のキク科多年草です。フランス語でエストラゴン。「小さな龍」が語源のこのハーブは燃えるような強い香りが特徴。ロシアタラゴンとフレンチタラゴンの2種類があり、料理には繊細な風味のフレンチタラゴン(種はできません)が向いています。市販の種はロシアタラゴン。日本古来のハーブであるヨモギとは近縁種にあたります。


用途◆
青臭く甘味のある独特の香りです。ほろ苦さにかすかな辛味と甘味が加わった味。フランス料理のエスカルゴはバターにタラゴンとニンニクを乗せて焼いたものです。ハーブビネガーにするのが最もポピュラーな使い方です。酢に漬け込むだけでビネガーにまろやかさが加わります。その他、ローストチキン、卵料理、クリームシチュー、デザートなど多彩に使われます。
◆効能◆
胃腸の動きを活発にする働きがあるので、食欲不振や消化不良に有効です。