今はどんな野菜でも季節を問わず生産できるようになりましたので、スーパーに行けば一年中並んでる野菜は多いですよね。
しかし野菜にはそれぞれ旬があり、その時期が一番おいしくなります。栄養面から見てもビタミンやミネラルなど大事な栄養素の含有量は旬に一番高くなりますし、その成分が夏野菜は夏の身体に、冬野菜は冬の身体にと、人間の身体にバランスよく働くように出来ていてます。自然の摂理に従えば、医食同源は自然と実行できるというわけです。
旬のものは大量に出回り値段も安くなりますので、身体にいいその季節の野菜をたくさん食べるようにしてくださいね。(*´∇`*)
 
  
春になって草木などが芽吹く時季になると、人間の身体も新陳代謝が活発になり、肝臓の働きも高まります。春の山菜ふきのとうやわらび、ぜんまい、たらの芽などの食材は独特の苦味成分がありますが、これはアルカロイドといって、微量では細胞の活性化を促し冬の間にたまった余分なものを排出させる働きをします。調理する際にはこの苦味成分であるアクを抜き過ぎないようにしてください。フキやフキノトウなどから出る黒い成分はポリフェノールです。抗酸化作用でがん予防や老化の進行を抑えます。
アスパラガス にんにく たけのこ
フキ 菜の花
 
 
ぶら下がって成る野菜が多く、多くのものが身体を冷やす作用を持っています。しかし現在は冷房などで常時身体が冷えていることが多いので、摂りすぎると逆に体調を崩してしまうことになりかねません。身体が冷えてるなと思った時は、熱を加えたり生姜やトウガラシまたは肉など身体を温める食材と組み合わせて摂るといいでしょう。
キュウリ トマト ナス
カボチャ オクラ セロリ
ピーマン

 
 
秋はさまざまな種実が実を結ぶ季節です。夏に疲れた体も回復し始め、一年で一番食事がおいしく感じる時期ではないですか?(*^_^*)  野菜とその仲間の「秋の味覚」のご紹介。冬に備えて体の抵抗力をつけるための栄養素がたくさん含まれています。
しいたけ シメジ
サツマイモ さといも
 
 
地中に成るものや葉物などが多いです。
血の巡りを良くしたり、身体の抵抗力を高める野菜が多くなります。身体が栄養を蓄えようとするので、寒い時期はどうしても太りやすくなるんですよね(笑)。野菜をたくさん取る分にはカロリーの過剰摂取もあまり心配ありませんので、熱を入れてカサが減った野菜をたくさん摂りましょう。
白菜 大根 ネギ
カブ ほうれん草 ブロッコリー
ニンジン レンコン  小松菜 

 
 
 
その他
それぞれにシーズンはあるのですが、しいて区分け出来ないので別枠にしました。旬は各野菜ごとに記載してあります。
キャベツ ジャガイモ タマネギ
豆類
大豆