オクラ  
【旬】    7〜9月
【効能】
 動脈硬化症予防
 胆石症予防
 糖尿病予防
 胃潰瘍予防
 下痢・便秘改善
 疲労・倦怠感改善
 夏バテ予防
栄養と健康・・・オクラのネバネバは、整腸作用のあるペクチン(水溶性食物繊維)と消化吸収をよくし胃の粘膜を守るムチン(タンパク質)です。下痢にも便秘にも効果的です。腸内コレステロールや胆汁酸の吸収を妨げる働きがあるので、動脈硬化、胆石症の予防にもなります。アルコールから胃壁を守ったり、糖の吸収を遅くし糖尿病の予防にも役立ちます。その他脳への刺激を活性化させるガラクタン、毒素を体外に排出する働きのあるペクチンも含まれています。
肉や野菜を煮るときにオクラを加えると匂い消しにもなりますし、消化を助けたりコレステロールを抑えてくれます。その他ビタミンA・B1・C、カルシウム、鉄もたっぷり含まれている野菜の優良児なので、体力が低下する夏にはどんどん食べてくださいね(*^_^*)

 
選び方・・・緑が濃く、産毛が揃っていて触ってみて柔らかいものを選びます。
保存・・・冷蔵庫の野菜室で野菜の保存用ポリ袋に入れ4日ほど。痛みが早いのでなるたけ早めに食べましょう。
 
調理・・・整腸作用のあるムチンは水溶性なので生で食べるのがベスト。刻んで和え物にしたり納豆に混ぜたり。ゆでる場合は短時間にしましょう。煮込み料理に使う場合はスープやカレーなどまるごと全部いただく料理に使いましょう。(⌒∇⌒)