キュウリ  
【旬】    夏
【効能】
 脳梗塞予防
 心筋梗塞予防
 高血圧予防
 むくみ
 のぼせ
 夏バテ予防
栄養と健康・・・利尿作用があり、身体にこもった熱を取りますので夏バテ予防に是非摂りたい食材です。またカリウムも多く含むので高血圧予防になります。ピラジンという青臭さの成分は血栓を予防するので脳梗塞・心筋梗塞などに有効です。頭部の苦味成分ククルビタシンCには抗がん作用があると言われています。
 
選び方・・・つや、張りがあってイボがとがっているものほど新鮮です。色が濃い、まっすぐなものを選びます。最近は昔の品種ブルームも出回るようになりました。ブルームキュウリは軟らかく歯ごたえがあります。(ブルームとは野菜やくだもののまわりに付いている白い粉のことで保水の役目や環境から見を守るバリアの役目をしています。)
 
保存・・・ 頭を少しカットし、しばらく切り口を水につけておきます。水を吸って固くなりますので、水気を取ってきっちりラップ、またはペーパーにくるんでポリ袋に入れ立てて保存します。
 
調理・・・主に生で食べますので、青臭さが気になる時はまな板の上で塩を振り抑えるように転がします(板ずり)。青臭さが抜け、イボも取れて緑が鮮やかになります。