菜の花 【旬】    2〜3月
【効能】
 風邪予防
 美肌
 高血圧予防
 動脈硬化予防
 貧血予防
 整腸作用
 大腸ガン予防
栄養と健康・・・、カロチン・ビタミンC・ビタミンB2、カルシウム・カリウム・鉄などが豊富です。野菜の中でも栄養価がかなり高く、ビタミンCはほうれん草の4倍、カロチンもピーマンの5倍です。抵抗力を高めて風邪予防や美肌に効果がある他、高血圧・動脈硬化予防、貧血予防にもなります。また酢を加えると整腸作用があり大腸がんの予防も期待できますので、おひたしに酢を加えることをお勧めします。
 
選び方・・・葉の色が濃くつぼみが揃っていて色の綺麗なものを選びます。
 
保存・・・ぎゅっと縛ってあるのをほどいてポリ袋に入れ、野菜室で立てておきます。
 
調理・・・水に放ってしゃっきりとさせてから調理します。根元の硬い部分は摘み取るか包丁でカットします。たっぷりの熱湯に塩を少量入れ、根元から入れてさっとゆがきます。すぐに冷水にとり水気を軽く絞ってまな板に広げます。しょうゆをふりかけもう一度絞ります(しょうゆ洗い)。おひたしや和え物にこの下処理をしておくと水っぽくなりません。